自律神経

横浜の呼吸カウンセリングで、心の悩みを解決

横浜のカウンセリング・自己開発センターのヨガ催眠は、呼吸や、身体バランスであわせて心のバランスを整えます・もし心の悩みをお持ちであれば、お気軽にご相談ください。

一押しポイント
横浜のカウンセリングは生活療法と心理療法で自律神経失調症を治療

横浜のカウンセリング・自己開発センターで行っているヨガ催眠などの心理療法は、自律神経失調症の改善・治療にも効果がございます。
自律神経失調症もうつの状態と同様、ストレスや疲労などにより、交感神経が優位な状態が続き、自律神経のバランスが崩れている状態が原因で起こります。
ヨガでポーズを取ることによって姿勢と心を整え、心身をリラックスさせて、副交感神経を優位にさせ、乱れた自律神経を整えるのに効果がございます。
呼吸を意識して、深く呼吸をするヨガの呼吸法も症状の改善には有効です。
自律神経のバランスが崩れてしまい、つらい状況が続いているという方は、ぜひ一度、横浜のカウンセリング・自己開発センターにご相談ください。

握手
人格転換法について
相手の能力を身につける方法

★★★人格転換20180806_84昆


▼人格転換法について

▼モデルと人格転換法とは

★人格転換法とは悩みの解決する方法です。

人格転換法のやり方は、…………………真似ることで、悩みを解決する方法です。

☆人格転換


<憂鬱感の解決の解説例>

一例からみてみます。
Hさんは、
27歳の年齢で、大手企業の事務職のサラリーマンです。

鬱状態で5年が過ぎています。

Hさんは、別部署から移ってきました。
同年齢の同僚のMさんにコピーとりを指示されることもありました。
広い職場の中で、頭が緊張するぼーっとしてこともあり、憂鬱になることもありました。
緊張の中で、言われることもよく理解できないこともありました。こんなことを何度も社内で何度も体験が続くと、Hさんは、憂鬱感が高まっていました。


<人格転換の解決法>

憂鬱で悩んでいれば、その悩みのない方を真似ることで、結果として悩みを解決します。


「憂鬱の悩む」Hさんはその悩みのないMさんをモデルにして、真似ます。


<モデルを決める>

ここでは、憂鬱な悩みのない人を、モデルに決めます。


そのときに悩んでいる人Hさんとすれば、
HさんがモデルのMさんを真似ます。

そのモデルの特徴をマネることで、
悩みを解決します。

<ポイント1>……………人の特性を活かす

具体的には、幼児が、言葉や態度行動を親,兄弟をのマネをすることで、社会生活をできるようにすることです。

(人間が成長できるようにすることです)
<ポイント2>
一言で言えば、憂鬱にならない人をモデルとして、それを真似ることです。


ポイント
1.モデルのまねることです。
症状のないこと(場合よっては、症状のあること)を真似ることです。

 

…………………………………………………………………………
…………………………………………………………………………

<モデルはMさんと決める> 

モデルをMさんに決めます。 

解決したい望みは
Hさんは、憂鬱な問題の解決でした。


★憂鬱と呼吸

☆モデルのNさんは、強い呼吸でした。

kさんは困ったことが起こると、すぐに憂鬱な気分が起こっていました。
そのため、この憂鬱な心を望んでいました。

その憂鬱な心でないMさんをモデルと決めて人格転換法おこないました

☆人格転換法と呼吸は
呼吸が強くなるトレーニングしているうちに、憂鬱感は、起こらなくなりました。

<悩み解決法>
モデルの呼吸を真似ることです。

 

悩みを持つと、すぐに憂鬱になって悩んでいました。

彼は、その心の憂鬱の解消が望みでした。
…………………………………………………………………………

Hさんの→モデルMをとします。

Kさんは、日常生活の中で、この憂鬱な心は、ほとんど現れていませんでした。
そのため、

 

…………………………………………………………………………
この望む心を制御できていました。憂鬱感が現れません。


Hさんは、kに外見から見ても。本人に聞いても、憂鬱感の心に振り回されることありません。

…………………………………………………………………………
この場合は、Hさんは、Kをマネるモデルに決めました。


あるその具体的な方法は、いつも自分と違う自分になりたくなることがあります。
…………………………………………………………………………

なりたい人のマネをしていると,そのまねている人の心の傾向やタイプが似てきます。
具体的には、親であったり、兄弟などの家族は、性格や行動の仕方などが、
特性やしゃべり方なども似てきます。


<やり方>

★自分の困っている悩みなどのない人に、憧れます。
その悩みのない人と、同じ特性を身につけたくなる。


★人格転換法の基本的なやり方です。

1.:人格転換法設定と決定する:人格転換法とは、マネる事で悩みを解決する方法です

2.悩みの解決の選択:例えば、あなたが、緊張することを悩んでいる場合は、

3.トレーニング:する:
自分のなりたい人を緊張の解決のためのモデルを決めます。
そのモデルのマネをできるようにトレーニングをします。


することで、悩みを解決します。
憂鬱で悩む30歳のbさんは、憂鬱で、悩んでいました。勤め先に出かけることがつらい日々を送っていました。そんな日は、7年を過ぎていました。そんな中で、当時湖開発センターに来訪しました。
bさんは、仕事も、スムーズに進められなくなり、後輩に、指示されてた仕事をしていました。その中で、b
さんは仕事に自信はなくなり、憂鬱状態が大きくなってきていました。

そこで、bさんはmさんというモデルを決め。mさんは会社は、自信を持って仕事をしていました。


★緊張の解決法1…………………人格転換法により解決するやり方

例えば、緊張することで日常生活の中で悩んでいるのであれば、この緊張を解消したいのであれば、

1.入り口の整理する「意」の体験

a.形から入る…………………形をまねる

呼吸をまねる方法1……………………………
呼吸を通じて潜在意志式を整えます。

特に心が乱れやすいのであれば、そのときの呼吸をなめらかにします。
例えば、言葉が引っかかるなどの場合も、呼吸が乱れ潜在意識が乱れが乱れているので、心だけでなく、呼吸をなめらかにします。

……………………………………………
緊張しない人をモデルに決めて、そのモデルの方の同じ呼吸をできるようしていきます。
、あるいは、肩や上半身等をくつろぎの状態をマネをできるようにしていきます。
・身体のマネる
身体のバランスをとる、
上半身をくつろがせる

★日常生活での応用としてマネの方法
例えば、モデルと決めた人の服装、服装などの色合い、履き物などのマネを行います。


1.呼吸から、解決に入る方法があります。
・強い呼吸を身につける真似る
・なめらかな呼吸を身につける、なめらかな呼吸
・静かな呼吸を身につける


そこで、人格転換法とは、マネをすることで悩みの解決をしていきます。
イメージや形などをまねます。
モデルに決めた人のいつも同じイメージを、あなたも浮かべるようにします。

形を真似ることで、人格転換法を行います。
一つの例として、身体の姿勢のマネがあります。
また、行動の中に転換法を行います。
(この方法は、芝居を行うようら行います。)


★具体的な心理療方法の活用を行います。
上記の内容をカウンセリングや自己催眠の中で、行うと、さらに効果的です。
例えば、ここでの応用は、催眠法を使い、人格転換法を行います。

あるいは、さらに例として、実践的な行動法に人格転換法を行うやり方があります。

 

…………………………………………………………………………

<気分転換するとき>
こんなときは、
服装であれば、いつもの服や色と異なる服装をしたくなる時があります。

・いつもの自分に,飽きてきたときです。
・失敗したとき、うまくいかないとき
・いつもの自分が嫌になるときです。

・人間関係がうまくいかないとき
・仕事がうまくいかないとき

<いつもの自分と変わるです>

・いつもの自分と異なる自分になるときです。

自分はコミュニケーションがうまくいかず、
いやな思いや、体験をしていれば 、
・うまくできている人を見れば、
そのうまくできている人のようになりたいと思います。

この思いを達成するの方法が、
ここでは、「人格転換法」具体的な例でいえば、
憂鬱感があり、困っていれば、
この憂鬱感のない人が望みとなります。

具体的例として、緊張ししてしまい困っている場合です。

この問題の解決のためのモデルがいれば、その人をモデルとして、「人格転換法」
を行います。

例えば、
この方法の応用例は、緊張で悩んでいる人は、
その緊張がない場合になれば。

その実践は大変だと思うかもしれませんが、
すべての人は、親や家族を中心にして、家族などをまねをして、人間になれます。
あるいは言葉を覚え、生活の仕方を覚えコミュニケーションの基本をマスターすることで、社会で生活できるようになります。

………………………………………………………………………………


つまり、

■人格転換とは………………人の特性
ヒトの持つ特性を生かす方法です。
人のと特性は変化する。
もちろん時間のかかることがあるが。


人が人になれるのは、親兄弟がいて一緒に生活するから家族などのしゃべり方がマネをすることで、社会生活ができるようになれます。
さらにいえば、人間は、人格転換法の特徴を持っています。

つまり、次の基本となる2つの条件を持っているからです。

1.人は人格転換能力を持って生まれるときにもっています。
2.親兄弟の家族などといっょに生活をすること、学友なども含めです。


★人は人の中、家族や兄弟の中で生活することで、親や兄弟に似てきます。
また、その結果として人間になれる、

・人間の言葉を覚え、話せるようになるのは、家族や、社会で一緒に生活できるからです。

その昔オオカミに育てられた兄弟は、言葉を覚えるのに、人間と生活するのが、なかなか難しかった。

人間に育てられたために、人間社会に生活できるようになった。

身近な人のまねをすることで、生活できるようになってきた。

同じ言葉でしゃべれるようになってきた
、つまり、人間は、モデルとなる親兄弟やいることで、一緒に生活することで、人間になれるのです。

ここで、シンプルにみれば、二つのシンプルな条件になった
1・人間になる素質を持って生まれた
2・親兄弟など家族、という人間のモデルをみてマネをすることで、人間になります。

先天的な条件になっても後天的な体験でもその特性は変化もしていきます。

つまり、人の特性は、先天的な特性と、後天的な体験の組み合わせで、現在の特性が出来上がっています。

 

▼人格転換法のやり方
★人格転換法の基本
自分にとってまねをしたい人のまねをすることで、身につける

★解決したい悩みを持たない人をモデルとして、そのモデルを自分の中に取り入れる。
その結果悩みを解決する

★モデルを作り、まねをする

★人前で、緊張しない人をモデルとする

★うつ状態などで、悩むとき、
例えば、この悩んでいない人になるということです。

横浜のカウンセリングの自律神経失調症に対する三つのアプローチ
  • 相談
    01
    生活習慣を整えて症状を軽減・改善

    横浜のカウンセリング・自己開発センターでは、自律神経失調症の改善・治療に、生活習慣を整えることも大事だと考え、アドバイスしております。
    生活習慣の改善は、自律神経の乱れを低減させ、再発を防止したり、完治させたりするのに非常に重要です。
    タバコや飲酒を控えることはもちろんですが、まずはある程度規則正しい生活を送れるよう指導いたします。

  • 自律訓練法
    02
    自律神経失調症治療に効果的な自律訓練法

    横浜のカウンセリング・自己開発センターでは、心身をリラックスさせる自律訓練法も自律神経失調症の改善・治療に効果があると考えております。
    自律訓練法は一種の自己催眠法で、「自分の気持ちはとても落ち着いている」と心の中で繰り返すことからはじめて、リラックスした状態をイメージし、心と身体に染み込ませるものです。
    当センターでも受けることができます。

  • リラクゼーション
    03
    リラクゼーション(漸進的筋弛緩法)による治療

    横浜のカウンセリング・自己開発センターでは、自律訓練法と並び、リラクゼーション(漸進的筋弛緩法)によってリラックス状態を作り、自律神経失調症の改善を図る手法を取ることもございます。
    筋肉の緊張状態とリラックス状態を繰り返す練習を行い、最終的にはこれらの状態を自分でコントロールできるようにするものです。
    当センターでも施術をお受けいただくことができます。

店舗情報

自己開発センター写真
店舗名

自己開発センター
住所 〒231-0032 神奈川県横浜市中区 不老町3-14-2 ライオンズマンション伊勢佐木長者町601
電話番号 045-270-0517
営業時間 10:00~19:00
(月・木は12:00~19:00 
TELは10:00~20:00)
定休日 金曜日
最寄駅 関内駅,石川町駅
ご紹介

横浜のカウンセリング&セラピー・自己開発センターは、市内中区不老町3丁目にございます。 ライオンズマンション伊勢佐木長者町の6階です。 JR根岸線・関内駅または石川町駅からいずれも徒歩10分ほどでお越しになることができます。 横浜のカウンセリング・自己開発センターの受付時間は毎週金曜日を除く朝の9時から夜の20時までです。 日曜日は祝日も営業しております。 お問い合わせはお電話またはホームページのお問い合わせフォームから受け付けております。
room
ACCESS
横浜のカウンセリング・自己開発センターは、1973年に前身の心理教室が設立され、今年で創立45年を迎えます。
当センターでは東洋的なサイコセラピーヨガと西洋の心理療法とが組み合わされたHM法をベースに悩み解決を行っております。

自己開発センターからのご挨拶

カウンセラー
心
女性

横浜のカウンセリング・自己開発センターはカウンセルとセラピー、
ヨガ&波動催眠で心の悩みを解決

横浜のカウンセリング・自己開発センターでは、心のお悩みをお持ちの方のお話を丁寧にお伺いし、

お悩みを解決するために、お一人お一人に最も適した心理療法をご提案して、施術を行っております。
当センターでは、投薬に頼ることなく、心のお悩みを解決することが正しい心療内科のあり方であると考えております。
横浜のカウンセリング・自己開発センターでは、催眠法やセラピーヨガ、対話・相談支援、呼吸法、バイオフィードバックなど、

様々な心理療法を組み合わせて、お悩みの解決のお手伝いをいたします。
当センターの特徴でもあるセラピーヨガは、ポーズを取って身体の姿勢を整え、

身体全体にあるといわれる精神に関連したツボを刺激し、心を整えるものです。
小さなお子様から70歳以上のご高齢の方まで、無理なく行えるおすすめの療法です。
当センターには、5,000名以上のお悩み解決の実績がございます。
心のお悩みをお持ちの方は、ぜひ、当センターにお気軽にご相談ください。

お問合せフォーム